日焼けは肌にダメージが与える行為、しかし、小麦色の肌が良いという男性が多いのも事実

そこでできるだけ肌のダメージを抑えて焼ける方法を紹介していきます

日焼けの原理は皮膚が紫外線を浴びる事により肌表面では炎症が起き肌は内部を守ろうとメラニンの工場であるメラノサイトを活性化させ、メラニン色素を作り出し紫外線から皮膚細胞が破壊されるのを防ぎます

多量に作られたメラニンが皮膚の中に沈着することで、肌の色が次第に濃くなり日焼けが起きます

日焼けサロンが一番良い

日焼けをするならやはり日焼けサロンに通うのが一番良いです

日焼けサロンの機械は、炎症を起こすUV-Bを調整し、メラニン色素の着色を促進するUV-Aを十分に照射できるよう、バランスを取って作られています

また、肌質にあわせて紫外線の照射量と時間をコントロールできるため、日光に比べると安全に日焼けできます

サンオイルを塗る

日光で日焼けをするのなら必ずサンオイルを塗りましょう

素焼きをするとシミや炎症が起きてしまいます

紫外線をカットすることで健康的に日焼けすることができます

アフターケアも大切

日焼け後の肌はとてもデリケートなため、紫外線の炎症を素早く抑え保湿をすることが大切です

きれいな小麦肌をキープするためにもアフターケアは必ずしましょう

日差しの強い時間帯は避ける

きれいに日焼けをする地道に日焼けしましょう

紫外線量は午前10時~午後2時の間がとくに強いため、焼き始めは短時間か、この時間帯をズラして焼くのがベストです

1日の日焼け時間は2~3時間程度にとどめましょう

基本的には日焼けは肌に良くない

紫外線は体内で骨や歯の形成に必要なビタミンDを生成する作用があるため、適度な日光浴は健康に良いとされています

しかし日焼けのしすぎは、シミやシワなどの老化現象を引き起こしたり、皮膚ガンの原因にもなるため注意しましょう