メンテナンス

大切な衣類のお手入れ方法

目次

・お手入れをする前に

・洋服ブラシの使い方

・生地を傷めない為に

・大切な洋服をクリーニングへ

お手入れをする前に

衣類をお手入れする前に必ず、衣類の内側にある洗濯表示を確認しましょう。洗濯機で洗って良い衣類なのか、手洗いなのか、家庭での洗濯はNGなのか… ときちんと記載してありますので、先ずは洗濯表示の記号を確認してみて下さい。 洗濯表示の図柄は、洗濯桶のマークで統一されています。水流の強さは、洗濯桶の下の横 棒で表現します。横棒が多いほど力の加減を弱くすることを示します。

洗い方のポイントとは2つあります。

・洗濯桶の中の数字は「液温の上限」を示しています。洗濯桶の中の数字が「40」なら 、40 ℃以下のお湯で洗えます。

・水よりもお湯の方が汚れ落ちは良くなりますが、液温が高いと衣類を傷めたり、色移り したりすることがあるのでご注意ください。 

洋服ブラシの使い方

 洋服のブラシって何?必要なの?と思う方もたくさん居るかと思いますが、大切な洋服を 長持ちさせる為には洋服のブラシはとても重要な役割をしてくれます。

・洋服ブラシの種類について 洋服ブラシには、馬毛ブラシと豚毛ブラシの2種類がありますが、馬毛の方が柔らかく豚 毛の方が硬い毛となっております。カシミヤやウール等、デリケートな素材全般には馬毛 をお勧めいたします。

・洋服ブラシの役割について 洋服ブラシは、衣類やコートに付いたホコリや汚れを払い落とし、繊維を正しく整え、繊 維の流れを正しく整えてくれる役割があります。正しくブラッシングをする事により、大切な衣類やコートを長持ちさせてくれます。 

・正しいブラッシングの仕方強く擦ると生地が傷んでしまったり、毛玉の原因になってしまうので、優しくホコリを払い飛ばす様にブラッシングをしましょう。繊維の流れに逆らいホコリをかき出し、繊維の流れに沿ってホコリをはらい落とします。

生地を傷めない為に

お気に入りの洋服を長く、大切にしたいあなたへお気に入りの洋服やコート、スーツ等は毎日着たいものですよね。でも、毎日着てしまうことでヨレたり、傷んでしまったり、、、、と気づいた時には遅かった。ということあったりしませんか?その前に、自分でできる洋服を長持ちさせる方法をご紹介致します。

・お気に入りの洋服だから毎日着たい!をやめましょう。 一度着たら、大切な洋服休ませてあげましょう。洋服にも休息時間が必要です。

・洋服を掛ける際のハンガーも重要な役割を持っています。 家にある余っているハンガーに掛ける方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、大切 な洋服、特にコートやスーツ等は木製のハンガーを使用する事で型崩れ防止にもなります 。

・家で洗濯をした際はできるだけ乾燥機を使用しない方が良いでしょう。 乾燥機は高温の為、服の色が変わってしまったり、縮んでしまったりする事があります。 なるべくなら、自然乾燥で乾かしてあげましょう。

大切な洋服をクリーニングへ

 大切なコートやスーツ、どのくらいのペースでクリーニングに出したら良いの?と考える ことありますよね。毎日のブラッシングだけでは取りきれない汚れやホコリはクリーニン グで綺麗にしてもらいましょう。コートはワンシーズンに1、2回はクリーニングへ出して あげましょう。スーツは1ヶ月に1回、夏場などとても汗をかいてしまった際などには2週 間に1回のペースでも良いでしょう。クリーニングに出す際にも、洗濯表示の確認は忘れ ずに行いましょう。

・クリーニングから戻ってきた洋服は必ずビニールに覆われていますよね。家で保管をす る際はそのビニールを外してあげましょう。ビニールで覆われていることで、ビニールを 付けたままクローゼットに保管してしまうと内側に湿気が溜まってしまい、カビなどの原 因になってなます。また、クリーニングに出した洋服の仕上がりを自分の目できちんと確 認してあげましょう。 大切な洋服を少しでも長持ちさせるために、自分で出来るメンテナンスを行ってみましょう。

BEAUTIFUL CL Men’s Hair Removal Salon