コーデ

ファッションの基礎は色の特徴を理解することにある

自分で服を購入する際や着る服を選ぶ時、好きな色の服を直感的に選択していることはありませんか?

好きな服を買うことも好きな色の服を着ることも悪いわけではありません。しかし、服選びに自信を持てない方やもっと服をお洒落に着こなしてみたいと思う方、自分の感情や気分を服に表せるようになってみたいと思う人はぜひこの記事を読んでみてください。

色が表す意味や組み合わせによって得ることができる効果を簡潔にまとめていくのでよかったら自分の持っている服で試してみてください。

相手の印象は意図的に操作することができる

まず最初に服の色は、相手に自分のイメージを勝手にさせる効果があります。青ならクール、社交的。赤ならば活発、情熱的といった印象を与えることができ、明るい色であればあるほど清潔感を印象付けることが可能です。暗い色は高級感を演出できるため、相手に強い印象を与えたい時におすすめの色です。このように色の違いによって相手に与える印象をこちらで操作することができます。
もちろんコーディネートするにあたってカジュアル、ストリート、モードといったジャンルによっても印象は変化することもありますが、色だけで言ってしまえば上の通りの印象を与えることが可能です。

その他にも服のブランドによって年齢や相手に与える印象が変化したりするのでブランドにも気を配ってみると印象を操作しやすいです。

おすすめコーディネート(カラー)

次は、具体的な色と服のコーディネートについてです。
髪型や体格、骨格によって合うコーディネートのジャンルもあるので参考程度に見てくださると幸いです。

誰でも簡単に足を長く見せることができるコーディネートの基礎

ジャンル:キレイめカジュアル

ステップ1

パンツ(ズボン)は暗い色(例:紺色のジーンズ、黒のスラックス等)を選びましょう。オススメは黒色ですがなぜ、黒が良いかと言うと黒色は、収縮色とも言われており、実際の大きさよりも小さく見えるという色の特徴があるため足を細く見せたい方には黒のパンツをオススメします。
足のラインに自身がある人は黒のスキニーパンツ特におすすめです。

ステップ2

トップスは明るめの色を選びましょう。明るめ色を選ぶことで清潔感を演出することができます。
トップスに白色を選ぶと黒色とは逆に膨張色特有の効果によって膨らんで見えるため体系を隠したりするときは白か白に近い色を選ぶことをおすすめします。

ステップ3

アウターは、トップスと比較して暗い色のジャケットを選ぶことでトップスの清潔感を残しつつ引き締まったコーディネートを演出することができます。

コーディネート応用編

上で触れたファッションはキレイ目カジュアルの定番ですが、ファッションを楽しみたい方や服をお洒落に着こなしたい人にはあえてインパクトの強い服などをトップスに採用することで意図的にファッションのバランス崩すと言うことを行ってみてください。
例えば、スーツのようなファッションにシャツはあえて花柄の入った少しセクシーなものを採用することで堅いイメージが強いスーツでも一気に雰囲気を帰ることができるのです。あくまで今は柄を採用しましたが色でも同じようなファッションの崩しはできるので色々と試してみてください。
ファッションにおいての崩しは全てを変える必要はなく、あくまでワンポイント変えるだけで崩すことが可能ですので今お持ちの服で楽しむことが可能ですので気軽にチャレンジしてみましょう。

BEAUTIFUL CL Men’s Hair Removal Salon